懇親会放浪記

自称CLIエバンゲリストが各地のJAWS懇親会を巡ります。いつかは旅人

サバノミソニへ行ってきた。

(注:本記事は筆者の主観で書かれています。また内容の性質上、写真が少ないです)

AWSプレミアパートナー採用イベント参加第2弾ということでサバノミソニへ行ってきた。

サバノミソニとはサーバーワークスさんがやっている緩めな採用イベントです。
サーバーワークスは非上場ですが、テラスカイ<3915.T>の持分法適用会社なので四季報などをウォッチしている諸氏もご存じのことと思います。
上場子会社というと金融界隈ではどこも息苦しいイメージなのですがIT界隈だと違うのかな。
ということで見物に。


場所は飯田橋にある本社とのこと。毎日5時ピタ退社の自分は5時半すぎに着いてしまい、JAWS-UGなら一番乗り!といつも通り入ってしまうところですが、そうもいかず茶でもしばいて19時前まで待ちます。。

日も暮れてきたので出向きます。エレベータを下りると

f:id:ntuser:20161017155326j:plain

入り口の前にこんな張り紙が。
お客さんも来る本社の正面入口なのにええんかいな。。
そのまま矢印に進むと会場(休憩室)でした。


中へ入ると先客が1人。そして結局その後は誰も来ず。
申し込みは4名でしたが本日2名でした。JAWS-UGで出席率は半分強なのには慣れているけど、採用イベントも同じようです。そういう時代なんですね。

f:id:ntuser:20161017155615j:plain

流れは最初に社内見学。

机は広くありません(大型モニタを2台置けないと思われる)が、通路などの空間に余裕があり居住性は悪くなさそうです。
リモートワークで出社しない従業員も結構いるらしいのでその影響もあると思いますが、19時(定時)を過ぎたところで拝見させていただきましたが、ほぼほぼ帰ってる感じでした。
運用はスカイ365(関連会社)へ委託しているのでここでは24/365対応はしていないとのこと。それなりにエスカレーションされてはくるらしい。

 

席に戻ったら飲みながら会社説明が始まります。
リモートワークは事前承認制。これは正しい。
「風邪引いたんでリモートします」とか絶対パフォーマンス悪いですからね。
定時は19時だけど勉強会に行くとか時間は柔軟に対応しているらしい。(それが業務扱いになるのかは聞き忘れた)

BYOD制度は月数千円の手当が支給されるとのこと。逆に会社支給端末は無いらしい。
個人的には会社支給品のがいいかな。月額料金がかからないし壊しても安心。哀パッドを支給品で使っていますが過去1度落として割って交換してもらいましたからねw

 

続いてエンジニアからのLT。
今回は認証という濃いめの話題で個人的にはとても楽しめました。
AD連携してフェデレーションするのはもはや基本で、AWSアカウントへIAMユーザを直接作成するとか会社ではやらないですよね。アカウントが分散すると上場会社の場合は監査対応とか面倒になるし(こっちの影響が大きい)

続いて最近ジョインした方のLTということで、50歳だけどジョインしたよというお話。
社長もそうですが部内最年長でしょうに、部内の年齢構成を考慮して地位と年齢が比例しない人は採用しない会社が多い中、IT会社はこのあたりは柔軟なんだなと感じます。

 

その後、懇親会本編に入ります。
JAWS界隈で有名な人達を含め、10名ぐらいで楽しく色々な話を伺えました。
懇親会は会社のことだけでなくAWSの話題とかもあり普通に懇親会です。
普段はもっと参加者がいるそうですが今回は2人しかいなかったのでプレミアム。
CLI出身の多田さんもお元気そうでなにより。
閉会の21時半まであっという間でした。

まとめ

AWS専業3社の中で、他2社が色濃すぎていまいち影が薄い(失礼)印象でしたが、この微妙にゆるめな空気が居心地良く人を呼んでいるのだろうなと思いました。

次は秋葉原を訪問してみたいです。。